小学校でグラマラスなキャンプ、してみませんか
見出し画像

小学校でグラマラスなキャンプ、してみませんか

「地球上でもっとも緑茶を愛するまち」島田市

どうもこんにちは、静岡県島田市広報課シティプロモーション室です。今回はキャンプの人です。そうなんです、島田市でもできちゃうんです。グラマラスでラグジュアリーでファビュラスなキャンプが。

2022年3月4日、島田市内に素敵な施設がオープンしました。
Glamping&Port 結(グランピング&ポート ゆい)です。

元々ここは、小学校でした。島田市の初倉地区にある、湯日(ゆい)小学校という全児童約30人の小さな学校だったんですが、2021年3月の統合に伴い閉校。閉校後の土地と施設の活用方法として選ばれたのが、グランピング施設のオープンでした。

行ってみると、たぶん皆さんが想像している10倍くらいは学校です。マジで懐かしの学校。グランピングというより学校。でも学校に泊まってみたいワクワク感て、小学生の頃とかちょっとなかったですか?あったでしょ?まぁ実際泊まるのは校庭に置いてあるテントなんですが、校舎にはプレイルームやお風呂、トイレ、洗面所などがあり、ワクワクしっぱなしの空間となっています。露天風呂付きの大浴場は元校長室だそうですよ。偉くなった気分でお湯に浸かりましょう。コワーキングスペースも完備されています。ワーケーションにもオススメです!!大事なことなので2回言います、ワーケーションにもオススメです!!!!(クソデカボイス)

コワーキングスペース。こちらの開放は2022年5月ごろから

そして、そんな素敵なグランピング施設の宿泊レポートを、TOURIST INFORMATION おおいなびのキャンプ大好きスタッフがまたしても書いてくれましたので紹介します。めちゃくちゃ行きたくなりますよ。ぜひ、お出かけ先のひとつとして、ご検討ください。

Glamping&Port 結 プレ宿泊レポート

3月4日のグランドオープンを前に、話題沸騰!期待値大!
大井川流域の観光のハブに!
廃校となった湯日小をリノベーションして作られたグランピング施設『Glamping&Port結(ゆい)』
お客様にご案内するためにも、まず自分の目で確かめねばと…
プレオープン初日に体験宿泊してきました☆(もちろん高額自腹です!)
キャンプは好きだけどグランピングは初体験。未就学と小学生の子連れな担当者が行く「結」の体験レポートです。

個人的なオススメポイント☆ベスト3

①綺麗でオシャレで楽しいテント

ロータスベルテント
各テントにはデッキがあります

校庭に建てられた21棟のテント。
いろんなタイプがあり、どれも個性的でとっても面白いんです。今回はベルテントに宿泊しましたが、テントとは思えない…クイーンベッド2台にソファ、冷蔵庫、姿見、ラック、棚など、もはやホテルの1室!そして真冬なのに室内はホカホカで半袖で過ごせます。各テントにデッキがありハンモックと焚火台。さらにBBQスペースが完備。プライベート空間満喫です♪

ベルテントの内部。かわいい!

②思いっ切り遊び尽くせます

雨のキャンプになってしまっても…そう、ここは小学校。
体育館で思い切りバスケやドッヂボールなどができます。子ども達も、もちろん大人達も、自由に走り回って遊べます!さらに旧1.2年生の教室にはグランドピアノ、卓球台、ビリヤード台、ダーツまで置いてあります。こちらも自由に遊べます。
家庭科室ではポップコーン作りやお絵かき、そして島田市では外せない、緑茶淹れ体験もできます♪

茶葉はもちろんGreen Ci-Tea。緑茶を自分で美味しく淹れてみよう!

※ちなみに、こういうアクティビティを「社会の時間」「図工の時間」とか呼んでいます。小学校なので。

③食べて飲んで満腹満足!

おにく~~~~~!!!!

夕食はプライベート空間でBBQ。時間になるとスタッフが食材一式を運んできてくれます。分厚いステーキ、ソーセージ、パエリア、新鮮野菜など。自分達で自由に焼いて楽しめます。キッズメニューはグラタン、ハンバーグ、骨つきソーセージなど。こちらも手の込んだ本気の味です。そしてそして!!な、なんとドリンクが飲み放題なんです!しかもソフトドリンクだけでなく、生ビール、赤白ワイン、酎ハイ、ハイボールまで。酔っ払っても食器洗いなどをしなくていい幸せ…感動でした。

モーニングのホットサンドセット

泊・食・遊を満喫できる施設であるのはもちろんのこと、この「結」を拠点に大井川流域を北上して観光したりE-BIKEで近隣を散策したり。さまざまな過ごし方ができるスポットになりそうです。

お部屋のオススメポイント☆ベスト3

①メンバーやスタイルで選べる

校庭に建てられたテントは5タイプ全21棟。
「オペラテント」「ドッグオペラテント」「ドームテント」「ツインドームテント」「ロータスベルテント」という名前。どれも個性的!

家具やファブリックなどもそれぞれすごく可愛いです。ベッドタイプは全部屋が「クイーン2台」または「シングル4台」(ツインドームはセミダブル4台!)のしつらえで、定員は2~4名です。

シングル4台のドームテント

家族で、友達、ペット連れなど一緒に行く人によって。また観光、お篭りなどの目的により。さらに見た目!で好きなテントを選ぶのも楽しそうです。

②ホテル並のしつらえ

必要なものがそろってます

全てのお部屋にソファ、姿見、冷蔵庫(2ドア)、ハンガーラック、棚、ランプ、ケトルなど完備。コンセントとUSBポートもたくさんありました!バスタオル、ハンドタオル、アメニティ、スリッパ、パジャマが部屋にあり、子ども用作務衣はフロントで。ドームテントは入り口がドアなので普通の鍵。他はジップなのですがダイアル式の鍵がきちんとついています。そして真冬でも室内はホカホカ。エアコンの効き目バッチリです。

③自分達だけのプライベート空間

チェアでひたすら揺られてぼーっとしたい…

各テントにはデッキがありハンモックやハンギングチェアが置いてあります。さらに焚火台も。それとは別にBBQスペースが完備。かなり広いスペースを自由に使えます!泊まるテントによって見える景色や内装、しつらえなど全く違います。ぜひじっくり選んでくださいね!

各テントの紹介

「ロータスベルテント」

玉ねぎ型のテントでコロンとしていてとっても可愛いフォルム。入り口は3重になっていて厳重な断熱構造が伺えます。そして中は思わず感嘆の声が出てしまうほど広くてオシャレで可愛いー!!28㎡ほどあるそうです。シングルベッド4台かクイーンベッド2台が並びます。※部屋タイプはどちらかに割り振られるそうです。

天井も高くて、ジャンプしても全く届きません。それでいて室内はすっごく暖かくて真冬でしたがエアコンを切ってしまうほど。床は木目調のフロアマットが敷かれています。ベルテントに窓はありません。テントなので周囲の声はまあまあ聞こえます。とにかくリラックスしてごろごろダラダラしたくなっちゃう雰囲気。居心地最高です。

今回はこのベルテントに宿泊しましたが、他のタイプも見せて頂いたので引き続き紹介していきますね。泊まるテントや場所によって見える景色や内装、しつらえなど全く違います。どれにしようか、じっくり悩んでくださいね!

「オペラテント」「ドッグオペラテント」

手前側がドッグラン。映ってませんが開放的なんです

オペラテントは日本初登場だそう!シドニーのオペラハウスのようですね。天井もとっても高くて開放感が半端ないです☆ドッグオペラテントは、さらに犬用の専用ドッグランがついて柵で囲まれているので貸切感がすごいです。ケージやフードボールも置いてあるのでワンちゃんとゆったり過ごせます。

「ドームテント」「ツインドームテント」

ドームテント

大きな窓から外の様子が一望できてリゾート感を満喫できます。天井がまん丸い形で、あのホイポイカプセルに泊まれるようなわくわくした気持ちになります♪そしてドームが2つくっついたような形のツインドームテント。一番高級感が溢れているタイプです。泊まるテントや場所によって見える景色や内装、しつらえなど全く違います。どれにしようか、じっくり悩んでくださいね!

のんびり過ごせそう

想像以上のボリュームの宿泊レポでした。お読みいただきありがとうございます。ぜひぜひ遊びに来てみてくださいね!!
それでは、また次回。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます!あなたも緑茶愛が溢れてますね!
「地球上でもっとも緑茶を愛するまち」島田市
静岡県中部に位置し、国内でも有数の茶産地である島田市。地球上でもっとも緑茶を愛するまちとして、シティプロモーション「島田市緑茶化計画」が進行中です。このプロジェクトに関わってくださる皆さんを紹介していきます。